取材ご希望はこちらからお問い合わせください

喫茶タンゴ|鶴見区佃野町【美味しい料理と歌声喫茶の復活を目指す 昭和レトロの雰囲気が心地よい店】

横浜鶴見区レアールつくの商店街内にある『喫茶タンゴ』さん。
創業40年以上の老舗で古き良き喫茶店の雰囲気、貴重な楽器とインテリアに囲まれた店内は非常に素敵でTV取材も多いお店です。

今回は『喫茶タンゴ』さんについてご紹介させていただきます。

目次

喫茶タンゴってどんな店?

ノリのアイコン画像ノリ

今回はメールで取材をさせていただきました!
写真はテイクアウトの受け取り時に撮影したものです

創業40年以上、歌声喫茶の佇い

喫茶タンゴさんは昭和51年開店以来、今年(2020年)で創業44年になる老舗の喫茶店。
店内の雰囲気は古き良き昭和の喫茶店の雰囲気。 レトロで良い感じです。

大きな壁絵、街灯をイメージさせる照明が良い雰囲気

現在のマスター、高橋英昭さんは2代目。
レアールつくの商店街協同組合理事長も務めており、長き亘り地域に貢献されてらっしゃいます。

高橋さんにお聞きしたところによると店名の由来は先代のマスターがタンゴを聞くのが好きだったこと、占い師に軽い気持ちで喫茶タンゴという店名について相談したところ「50年続く」と言われたからだそうです。

現在、44年目ですので50年までもうすぐですね!

素敵な店内ですが特に印象的なのが店の奥にあるピアノ。
喫茶タンゴさんは1950年前後に流行した歌声喫茶を開催しているお店なんです。

うたごえ喫茶やミニコンサートが開催される時はこちらのピアノが大活躍
今でもうたごえ喫茶のちらしや歌詞を収納したファイルが置いてあります

歌声喫茶とはお客さん全員で歌うことを想定した喫茶店だそうです。
流行したのは1970年頃までのようなのでご存じない方も多いかも知れませんね(^^;)
喫茶タンゴさんでは近年まで昼の部と夜の部で月2回、懐かしい名曲、ロシア民謡、流行の曲、フォークソングなど題目に「うたごえ喫茶」を開催されていたそうです。

開催されている時は熱心なお客様もいて県外から通われている人もいたとか。

ノリのアイコン画像ノリ

マスターはコロナが落ち着いたら「うたごえ喫茶」の再開に意欲的です!

ピコのアイコン画像ピコ

再開が楽しみね!

今でもミニコンサートや楽器の練習でお店を貸してくれることもあるそうです。

ノリのアイコン画像ノリ

早くコロナの状況が落ち着いて気軽にミニコンサートなどイベントが開けるといいな~

看板メニューはナポリタンとハンバーグ

喫茶店ながら非常に多彩で本格的な料理を提供する喫茶タンゴさん。

店の看板メニューは44年前から変わらない人気メニュー『昔ながらの横浜ナポリタン 』。

テイクアウトしたナポリタン

写真は普通盛り(800円)ですが、その他に大盛(900円)、超盛(倍盛)1,000円と量を選べます。
+200円で量が倍ですからね~。
食べ盛りの若者でも大満足のボリュームです!

昨年、横浜の『ガチハンバーグ』に出品した『牛スジコトコト煮たハンバーグ』。

デミソースたっぷりのハンバーグは本格的です!

結果は惜しくも入賞を逃がしましたが(12位)、本格的な洋食屋さんが参入した中でのこの結果はすごいと思います。
手間ひまかけた至極の味は是非、ご賞味いただきたいクオリティです!

ガチハンバーグの公式HPでの紹介ページはこちらです。

ノリのアイコン画像ノリ

ガチハンバーグの紹介ページでは動画もあるので美味しさがより伝わると思います!

TV取材も多い鶴見の名店

喫茶タンゴさんは非常に特徴的なお店なのではTVの登場 はかなり多いです。
ドラマ、料理やバラエティー、各種CM 等・・・。
ジュン散歩で立ち寄られたことも!

最近のドラマでは『ハイポジ』のドラマの舞台として使われていました。
ドラマでは『ひまわり喫茶』という名前でした。
ハイポジは先月は2020年1~3月の間で放送されていたドラマなので観られた方も多いのではないでしょうか?

ドラマ『ハイポジ』の公式HPはこちら

店舗情報

■住所: 神奈川県横浜市鶴見区佃野29-45
■電話: 045-571-3414
■営業時間:
8:45~21:00  (ラストオーダー 20:30)
■定休日 火・水曜日

外部リンク  食べログ

※実際の営業時間、営業日は異なる場合がございますのでご利用の際は事前に店舗にお確かめいただくのが確実かと存じます。

喫茶タンゴへのアクセス

ノリのアイコン画像ノリ

レアールつくの商店街内にあるよ

レアールつくの商店街の入口

JR鶴見駅西口から徒歩10~15分程度。
豊岡商店街を抜けると三角の交差点に出ます。

するとレアールつくの商店街のアーケードが見えるので奥へと進んでいくと店が見えてきます。

レアールつくの商店街をまっすぐ進むと喫茶タンゴの看板が見えてきます
店の外観

喫茶タンゴのメニュー

ノリのアイコン画像ノリ

種類が豊富!
料理は手ひまかけて作った手料理ばかりです

喫茶タンゴ名物
ドリンクメニュー
フードメニュー
日替わりメニュー

非常に多くのラインナップがあり、初めてきた時は悩んでしまうほど(^^;)
定番のナポリタンやビーフハンバーグは鉄板ですし、日替わり定食もお得感があって良いかもです。

毎日通っても飽きないですね!

テイクアウトも可能

汁物以外は全品テイクアウト可能。

名物のナポリタン、ビーフハンバーグ以外でテイクアウトのおすすめは
「当店の大定番 生姜焼き弁当900円(ライスなしは800円)」
お向かいの魚作さんから毎日買ってる「 赤穂鯛の粕漬け弁当970円(ライスなしは870円)」
昔からの喫茶メニュー「厚切りピザトースト740円(ミニサラダ付き)」

テイクアウトは来店後の直接注文でもOKです。
待ち時間はレアールつくの内をぶらぶら周遊し、お買い物 するのも良いと思います。
レアールつくの内にはぼてふり地蔵というかわいいお地蔵さんもいます!

ぼてふり地蔵

スムーズにお受け取りしたい方は30分前くらいに事前にお電話すると良いでしょう。

喫茶タンゴの感想

ノリのアイコン画像ノリ

牛スジハンバーグは秀逸!

料理の感想

テイクアウトした料理を二人で美味しくいただきました!

今回はテイクアウトで2品、注文しました。
注文したのはやはり人気のこの料理です!

注文した品
  • ナポリタン普通盛り 800円
  • 牛スジコトコト煮たハンバーグ  970円

約束の時間に取りに行くとすでに出来ていてスムーズでした!
何枚がお写真を撮らせていただき、うたごえ喫茶のちらしやガチハンバーグに出品した時のエントリーブックを資料としていただき颯爽と帰路へ。

ケチャップの甘みがしっかり効いて美味。
もっちりした麺は食べ応え充分。これは普通盛りですが大盛や超盛ならすごいボリュームだろうな~。

ハンバーグは牛スジの食感と味がアクセントになっていますね!
オリジナリティがあり、なかなか他で食べれない味ではないかと。
デミソースもクオリティが高いです。
半熟卵を合わせるとまろやかになりさらに美味しくなりました!

まとめ

今回は「喫茶タンゴ」をご紹介いたしました。

まとめ
  • レアールつくの商店街にある雰囲気の良い老舗の喫茶店
  • 店内にピアノがあり「うたごえ喫茶」を開催
  • TV取材も数多く受けている鶴見の名店
  • 提供する料理は手間ひまかけた手作りでボリューム満点
  • 特にナポリタンと牛すじハンバーグは秀逸
  • テイクアウトも対応
ノリのアイコン画像ノリ

まさに鶴見の名店!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

「鶴見歩記」編集長。
ささやかな運動を兼ねた散歩(街歩き)とブログが趣味のサラリーマン。
最近は御朱印巡りも。

出身は関西ですが縁あって横浜市鶴見区に住んでます。

「鶴見歩記」は横浜市鶴見区のおすすめグルメ、観光スポット、街の魅力などの情報を配信してます。

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる