取材ご希望はこちらからお問い合わせください

鶴見神社|ご利益・御朱印・お守り・田祭り、節分祭などのイベントをご紹介

JR鶴見駅東口近くにある鶴見神社。
川崎・横浜間では最古の神社として地元の人から親しまれ、年にいくつかの行事も開催されます。

鶴見駅から近いこともあり、気になる方も多いのではないでしょうか?
今回は鶴見神社についてご紹介します。

目次

鶴見神社について

ノリのアイコン画像ノリ

大きな神社ではありませんが駅近で歴史ある神社です

基本情報
  • 住所:〒230-0051神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1ー14ー1
  • 電話:045-501-4122
  • FAX :045-501-4373

鶴見神社の御祭神とご利益

  • 五十猛命 ( いたけるのみこと )
  • 素戔嗚尊 ( すさのおのみこと )

鶴見神社は杉山大明神と天王宮の二社相殿となっています。
杉山大明神には五十猛命 ( いたけるのみこと )、天王宮には素戔嗚尊 ( すさのおのみこと )が祀られており、御神徳は植林・成長の神・子供の守護神、安全守護・厄除けとなります。

幅広いご利益をいただけそうですね。

鶴見神社の御由緒

鶴見神社は、往古は杉山大明神と称し境内地約五千坪を有していました。
その創建は、推古天皇の御代(約一四〇〇年前)と伝えられています。大正九年に鶴見神社と改称しました。
『続日本後紀』承和五年(八三八)二月の項に、「武蔵国都筑郡の杉山神社が霊験をもって官弊に之を預からしむ」とあり、この有力神社として江戸時代の国学者黒川春村は、鶴見神社に伝わる田遊びに関する『杉山明神神寿歌釈』を著しています。 昭和三十七年、境内より弥生式後期から古墳時代の土師器を中心として鎌倉期に及ぶ多数の祭祀遺物(祭りに使用された道具)が発見され、推古朝以前より神聖な場所として、すでに祭祀が行われていたことともに、横浜・川崎間最古の社であることが立証されました。

鶴見神社HPより引用

鶴見神社の歴史は古く創建は約1400年前。
推古天皇の時代といえば聖徳太子がいた時代ですね・・・。

かつては約5000坪の境内地を有していたとか。
公式HPによると火事がで一部消失したり、鉄道開通により接収されたりと色々な経緯があり、現在の広さに至るようです。

大正9年までは杉山大明神(杉山神社)と称されてました。

杉山神社といえば・・・。

そう潮田神社も杉山神社と御嶽神社が合併して今の潮田神社に改称した経緯があります。
そして時期も大正9年ですので鶴見神社が改称した時期と同じです。

鶴見神社と潮田神社の前身となって杉山神社は同一なのでしょうか?
興味深いですね~。

潮田神社を紹介した記事もあるのでこちらも合わせてご一読ください!

あわせて読みたい
潮田神社|横浜市鶴見区【ご利益・御朱印・年に一度のお祭りについて紹介】
潮田神社|横浜市鶴見区【ご利益・御朱印・年に一度のお祭りについて紹介】横浜市鶴見区潮田町にある潮田神社。普段は地元で初詣、七五三、厄払い等で親しまれてる神社です。年に1度、3日で1万人前後が参加する潮田神社例大祭という鶴見区最大級...

鶴見神社のイベント

1月1日元旦祭(がんたんさい)
2月17日祈年祭(きねんさい)
2月節分節分祭(せつぶんさい)
4月29日杉山祭(すぎやまさい)
[田祭り (たまつり)]
6月30日大祓(おおはらい)
7月第4金曜日例祭(れいさい)
[天王祭 (てんのうさい)]
11月23日新嘗祭(にいなめさい)
12月31日大祓(おおはらい)
毎月1・15日1・15日月並祭(つきなみさい)

2月には節分祭が行われます。
屋台や神輿などが彩る賑やかな祭りではありませんが、素戔嗚尊(すさのおのみこと)は厄除けのご神徳をお持ちですので、節分に無病息災を祈願するには最適ですね。

境内にある田祭りの説明

4月29日に開催される田祭りでは鎌倉時代から伝わる横浜最古の民俗芸能を楽しめます。
(2020年は中止でした)
田祭りとは一年の稲作の所作を行う、西日本を中心に関東付近まで伝えられた民俗芸能。年の初めに、豊穣を祈念する神事として行われるそうです。 神輿や屋台もあり、他の催し物も合わせて行われるなど賑やかなお祭りです。

1月には鶴見の7寺社を巡る「鶴見七福神」の1社として加わります。

鶴見神社へのアクセス

JR鶴見駅東口から行く場合は出口から直進して横浜銀行を目指してください
京急鶴見駅からいく場合はベルロード鶴見(鶴見銀座商店街)の反対側を目指してください
旧東海道沿いを進んでいくと向かって左側に石碑が見えます

JR鶴見駅東口から行く場合、京急鶴見駅から行く場合のどちらもまずは旧東海道沿いの目指します。
横浜銀行が目印になると思います。

旧東海道沿いの反対側はベルロード鶴見(鶴見銀座商店街)になってるので商店街が見えたら反対方向に進んでると思っていただければ。

旧東海道沿いをしばらく進むと「鶴見神社参道」という石碑が見えるので左折してください。
まもなく鶴見神社の鳥居が見えると思います。

JR鶴見駅、京急鶴見駅から徒歩10分程度です。

鶴見神社の境内について

鶴見神社の鳥居
参拝者駐車場

鶴見神社の鳥居は歴史が感じられますね。
かつては5000坪を有した神社でしたが、今はそれほど大きくはありません。
境内にも駐車スペースがありますが参拝者駐車場は神社の外にあります。

境内にあるのは関係者用の駐車スペースかも知れません。
鶴見神社は鶴見駅から徒歩10分圏内の駅近ですが車で参拝にこられる方も多いのでしょうね~。

手水舎

手水舎はなんと自動水栓です。
歴史の古い神社ですが設備は近代的のようです。
最初は水がないので焦りました(^^;)

拝殿と茅の輪
大祓(おおはらい)の作法
大祓(おはらい)の参拝方法

大祓の時期が近かったためか、茅の輪が準備されてました。
左右にそれぞれ大祓の作法と参拝方法の説明書きがあります。
初めてでも安心ですね!

稲荷社と大鳥神社
拝殿の奥に境内末社が並ぶ

拝殿の右奥には稲荷社、大鳥神社、稲荷社、秋葉神社、関神社、祖霊社、清明宮と境内末社がズラリと並んでいます。

清明宮は三島由紀夫が祀られているようです。

拝殿の左奥には浅間神社も祀られてます。

広くない境内ではありますが自動水栓・拝殿・いくつもの末社があり、見所はたくさんあります。

鶴見神社の御朱印やお守り

社務所は駐車スペースの近くにあります

御朱印、お守りは社務所へ。

交通安全、旅行安全、学業成就などの御守りや御朱印、御札などが置いております。
御朱印は2020年6月現在では別紙での授与になります。

鶴見神社の御朱印

鶴見神社に行った際に立ち寄りたいお店

ノリのアイコン画像ノリ

シャル鶴見にある禅カフェ

あわせて読みたい
禅カフェ坐月 一葉【世界的庭園デザイナーが手掛けた癒しの空間】
禅カフェ坐月 一葉【世界的庭園デザイナーが手掛けた癒しの空間】JR鶴見駅と直結しているCIAL(シァル)の5Fにある『坐月 一葉』さん。日本有名茶産地のお茶と甘味、お食事が楽しめる禅カフェらしい・・・。何か心穏やかに寛げそうなカ...
ノリのアイコン画像ノリ

優雅な空間で食事を楽しめる鶴見の人気イタリア料理店

あわせて読みたい
金色の午後【鶴見駅近、優雅な空間でイタリアンが堪能できる店】
金色の午後【鶴見駅近、優雅な空間でイタリアンが堪能できる店】横浜市鶴見区はどちらというと庶民的で昭和な雰囲気があるお店が多いエリアです。そんな気兼なく行けるお店も良いですが、たまにはおしゃれで優雅な空間で食事を愉しみ...
ノリのアイコン画像ノリ

旧東海道沿いにある美味しい串焼き居酒屋

あわせて読みたい
楽匠【鶴見駅近の食材にこだわった焼き鳥屋さん】テイクアウトにも対応
楽匠【鶴見駅近の食材にこだわった焼き鳥屋さん】テイクアウトにも対応JR鶴見駅東口・京急鶴見駅近く、旧東海道沿いにある串焼き居酒屋、楽匠さん。鶴見駅近くにはチェーン店系の居酒屋がひしめいていますが、食材にこだわった美味しい焼き...

まとめ

今回は「鶴見神社」をご紹介しました。

まとめ
  • 横浜エリアでは最古の神社
  • 鶴見駅から徒歩圏内でいける距離
  • 参拝者専用の駐車場がある
  • 田祭りが有名
  • 御朱印あり(別紙)
ノリのアイコン画像ノリ

鶴見にくることがあれば是非、参拝を

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

「鶴見歩記」編集長。
ささやかな運動を兼ねた散歩(街歩き)とブログが趣味のサラリーマン。
最近は御朱印巡りも。

出身は関西ですが縁あって横浜市鶴見区に住んでます。

「鶴見歩記」は横浜市鶴見区のおすすめグルメ、観光スポット、街の魅力などの情報を配信してます。

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる