取材ご希望はこちらからお問い合わせください

生麦丼が最高!魚河岸通りにある【食事処「生麦」】

横浜市鶴見区生麦の魚河岸通りに店を構える、その名もズバリ『食事処  生麦』。
魚介系の美味しい料理を堪能できるとウワサを聞いて、行ってきました!

目次

食事処「生麦」について

鶴見区生麦の地名の由来は江戸時代の頃、二代目の将軍、徳川秀忠の行列がこの地を通る際に道に水が溜まっていて通れないトラブルを当時の村人が脇に生えていた生麦を敷き詰めて助けたらしいです。秀忠は感謝の意を込め、この地を生麦と名付けて漁業を営む、特別な権利を与えたとか・・・。

魚河岸通り看板

この辺りが魚河岸通りになってるのもそんな歴史があったのですね〜。

『食事処  生麦』はそんな新鮮な魚が仕入れられる魚河岸通りにあるお店。
きっと美味しい魚介系料理が堪能できるはず!

店舗情報

■住所:神奈川県横浜市鶴見区生麦5丁目23-9
■電話:045-501-0467
■営業時間:
【平日】9:30〜13:30 17:00〜21:30
【土曜】9:30 〜14:00
■備考: 日曜営業 定休日 水曜日

外部リンク  食べログ

※実際の営業時間、営業日は異なる場合がございますのでご利用の際は事前に店舗にお確かめいただくのが確実かと存じます。

食事処「生麦」の場所

JR鶴見線の国道駅から徒歩で3〜4分程。この国道駅も鶴見区のディープスポットとして有名なので、国道駅を利用した際は気にかけてみてください。

あわせて読みたい
JR鶴見線【国道駅】廃墟のような佇まいに探求心がくすぐられる
JR鶴見線【国道駅】廃墟のような佇まいに探求心がくすぐられる 鶴見といえば数年前、鶴見駅東口にCIALが出来るなど駅前は多少賑やかな感じになりましたが、町全体は昭和の名残りが残った庶民的な印象が有ります。今回ご紹介する国道...

国道駅を第一京浜道路に面してる反対側の出口から出て、向かって右側へ進みます。『天金』という看板がある方向です。

魚河岸通り

しばらく進むと魚河岸通りのエリアに突入。昔と比べ、店舗数は減っているみたいですが、それでも20店程の魚介専門店が立ち並ぶエリアです。
これらの店は朝早くから開店していて昼頃には閉まるようで私が通った13時過ぎには閑散としてました。

食事処 生麦

魚河岸通りをしばらく進んでいると、『食事処  生麦』が見えてきます。

食事処「生麦」のメニュー

生麦 メニュー
生麦メニュー
生麦メニュー3
生麦メニュー4

土曜日に行ったので、金・土の限定メニューがありました。
ランチ時は丼もの、定食が充実してますね。やはり、生麦丼、納得丼に目が行きます。
魚介がメインの店ではありますが、鶏の唐揚げや焼きなすなどの居酒屋メニューもあるみたいです。

食事処「生麦」の感想

店内の雰囲気

カウンタが5席、4人がけの座敷テーブル席が3席程の規模の店。
13時過ぎ頃に2名で訪問しましたが、先客は団体様一組(4名)とお一人様、3名いました。
店の雰囲気は地元密着型のお寿司屋さん。
和のイメージで親近感を持てます。

店主と女性(店主のお母さん?)の2名で店を切り盛りしてるようで接客は非常に丁寧で居心地が良かったです。

注文した料理

注文した料理はこちら。

注文した品
  • 生麦丼 800円
  • 納得丼 800円

金・土限定の海鮮ちらしにも惹かれましたが・・・。
相方が生麦丼、私が納得丼に落ち着きました。
店主がひとりで調理しているからか、お客が多い時は料理が出るまでは少々お時間がかかる感じです。
「お待たせしてすみません」
席に着いてしばらくしてから女性の店員さんが運んでくれたのがこちら。

生麦 前菜

玉子、豆、沢庵が大きな器に盛られてやってきました。なんか料亭みたいです。
女性の店員さんは料理が出るのが遅いのに申し訳ない感じでしたが・・・。
全然気にすることないですよ〜。
そしてやっとお吸い物と共に、生麦丼と納得丼が運ばれてきました。

納得丼

納得丼は酢飯にマグロ、イカ、赤貝がメインに乗っている海鮮丼。
(タコも乗ってますね)
どんぶりは少し小さめでしたが、特にマグロがたくさん乗っていて食べ応え充分でした。

生麦丼

生麦丼は酢飯にカニ、イクラ、ウニという食材をふんだんに使った上品で大人の味。相方もご満悦。

ボリューム感は納得丼の方がありますが女性には生麦丼の方が人気がありそうです。

お会計 1,600円

メニューの金額は税込でした。この内容でしたらお値打ち価格だと思います!

まとめ

今回は【食事処「生麦」】をご紹介させていただきました。

まとめ
  • 国道駅から近い
  • 魚河岸通りにある新鮮でコスパの高い魚介系の料理が堪能できる
  • 2名で切り盛りしてるので混雑時はスピーディーでないが丁寧で好感が持てる接客

魚介系が苦手でなければ生麦に来た際は是非、立ち寄るべきお店です!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

「鶴見歩記」編集長。
ささやかな運動を兼ねた散歩(街歩き)とブログが趣味のサラリーマン。
最近は御朱印巡りも。

出身は関西ですが縁あって横浜市鶴見区に住んでます。

「鶴見歩記」は横浜市鶴見区のおすすめグルメ、観光スポット、街の魅力などの情報を配信してます。

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる